So-net無料ブログ作成

おススメ〓

プリムラ [花]

primula_julian_before.JPGprimula_julian.JPG
呼称:桜草 / primurose / 报春花 / Primel / 프리 무라
別名:乙女の桜 / 鍵の花(ドイツ) / 5月の鍵(スウェーデン) / 聖ペテロの草(イギリス)
【ドイツの伝説】  リスベスはやさしい少女、昔々ドイツの片田舎に病気の母と暮らしていた。母をなぐさめようと、野原にサクラソウを摘みに出かけた日のこと。花の妖精があらわれた。リスベスに不思議なことを教えてくれた。「サクラソウの咲いている道を行くとお城があるわ。門の鍵穴にサクラソウをさしこむと、扉が開きます。さあ、お行きなさい!」リスベスがお城に行くと…そこには花の妖精が待っていてくれた。たくさんの美しい宝物をリスベスにプレゼントしてくれた。リスベスは母にこの宝物を見せた。母はほほに赤みがさして、病気も治った。ドイツではこの花を「鍵の花」と呼んでいる。これはサクラソウが春を迎える鍵という隠喩である。さくら草雑学
 
キリストの最初の弟子・聖人ペテロについてマタイの福音書に"「天の国の鍵」をペトロが受けるだろう"という記述があり、鍵との関係性が深いのだと思われます。そこから鍵つながりでプリムラと縁がありそうです。
学名:Primula
分布:ヨーロッパやアジア
誕生花日:1月25日 / 1月22日(プリムラ・ポリアンサ) / 2月11日、12月19日(プリムラ・オブコニカ)
花言葉:「永続する愛情」、「若い時代と悲しみ」、「初恋」、「富貴」、「神秘な心」、「運命を開く」、「可憐」、「うぬぼれ」、「美の秘密」。「無言の愛」(プリムラ・ポリアンサ)、「青春の美しさ」(プリムラ・オブコニカ)
花言葉は、花の女神・フローラの息子・パラリソスの初恋についての神話からきているものが多いようです。
説明:プリムラの語源は、「primos(最初)」からきており、最初に咲く花として学名がプリムラ(Promura)になった。

品種をまとめようとしたら多くなったので、まとめサイトにまとめました。
プリムラ(桜草)まとめ
画像付きで楽しめると思います。

観賞園芸の「プリムラ」
プリムラ・アルピコラ (P. alpicola)
ヒマラヤから中国雲南省にかけて自生する種。ロックガーデン等で栽培される。
プリムラ・プルウェルレンタ (P. pulverulenta)
日本に自生するクリンソウの近縁種。中国産。
プリムラ・デンティクラタ (P. denticulata)
ヒマラヤに産する、花が手まり状に集まって咲く種。日本でも比較的ポピュラー。
プリムラ・ロセア (P. rosea)
ヒマラヤ産。バラ色の花を咲かせるやや小型の種。
プリムラ・ファリノサ (P. farinosa)
ヨーロッパ産。日本のユキワリコザクラに近縁。

春先で、色んな植物が活発になってます。
そんな時に昨日の台風"ノウル"
風が強かったので、被害はないか確認をしました。

manryo.JPG瀕死で1枚しか葉っぱの無かった "万両" さん
八船計画用の船型の自作プランターに植え替えて1カ月ほどしました。
そしたら、この通り芽吹いてて嬉しかったです[るんるん]
万両さんは他の木の木陰、半日なたが大好きなんだそう。
緊急避難先になっていた畑の脇は、朝夕は日陰だけど、日中が直射日光でした[あせあせ(飛び散る汗)]
それは、避難と言うより虐待してるに等しかったわけですね。
他の八船プランター入りしてる成長盛りの "南天" さんやちっちゃくても元気は一番の "於呂島竹" は元気です!

元気な葉っぱが緑々している "ワイルドストロベリー" ちゃん
この子の親元は今年の晩秋にひっそりと畑で枯れてました。
なんか根っこが切られていた気もするが…
ショックを受けていると、庭の離れたところに親指大のワイルドストロベリーが芽吹いてました[exclamation×2]
wildstrawberry.JPGそれがこの子です。
すぐさま、今の植木鉢に移していっぱいの日光を当ててました。
冬の間はやっぱり寒いので小さな葉を広げて耐えてる感じでしたね。
春先になると、大きな葉っぱを広げてグングン成長したんです。
あの枯れた親元より一回り小さいですが、元気は親譲り??
親は四季咲していたのですが、この子は小さいから花は来年に期待しようと思ってました。
寒い中芽吹いてくれてただけでも "奇跡" に感じられたのでね。

今日、鉢のふちに緑の塊があるのを発見しました。
ちゃんと花を咲かせてたみたいです[ぴかぴか(新しい)]
しかも1つならず、2つも[exclamation]
過去が過去なだけに、"奇跡" を起こしまくるこの子を見てとっても幸せな気分になりましたよ(*´ー`*)

<viola.JPG一番小さい株の "ヴィオラ" さん。
最近になって次々と花芽が出て、元気に咲いてます。
後ろのロべリア(マリンブルー)さんが邪魔っぽく映ってて申し訳ないのですが、
よく見ると、同じ株に咲いてるのに微妙に色合いが違うんですね。
やや薄いのは、この子だけです。
他の子は、濃い紫と中央にうっすら黄色なんです。

ブログの頭に出ているのですが、
primula_julian.JPG

早春に購入した "プリムラジュリアン" ちゃん。
来た当初は可愛いピンク色をしていた気がするのですが…
葉っぱだけになってましたが、葉っぱが元気に大きくなったと思ったら、
花芽が出始めて、今日開花しました[るんるん]
ピンクが薄くなって縁取りになってます。
なんか環境の変化でもあったんですかね?
でも、元気に咲いてくれてるからいいか[かわいい]

家庭菜園をしている畑にも被害はなく、一安心です。

共通テーマ:趣味・カルチャー
Copyright © LUIRE All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。